プレゼントの柘の印鑑

わたしが学校を卒業して初めて就職した時に、わたしの母から就職祝いとして印鑑をプレゼントしてもらいました。
それまでは白い、プラスチックの安い印鑑しか使った事がなく、柘で作られたその印鑑をもらった時は、急に大人になったような、嬉しいような恥ずかしいような気持ちになりました。
もらった時にはいつ印鑑を使うのかなぁ、などと思っていたのですが、これが大活躍。

就職した会社へは自動車での通勤が条件だったのですが、通勤のための自動車購入には印鑑証明が必要です。
さっそくプレゼントしてもらった印鑑で印鑑登録をして、印鑑証明書を発行してもらいました。
また数年後には親元を離れてアパート暮らしをしたのですが、その時にも印鑑証明が必要です。
自動車を買うにもアパートを借りるにも、印鑑証明書が必要なんですよね。
印鑑をプレゼントしてもらった時にはまさかこんなに使うとは思っていなかったのですが、社会に出てみると何度も印鑑証明書が必要な機会があったのです。

今になってみると柘の印鑑はそれほど高級品というわけでもなく、どちらかと言うとお手軽に作れる印鑑の材質の一つだと思います。
でもプラスチックの印鑑しか知らなかった私は、木の目がきれいで温かい感じがするこの印鑑が何となく自慢で、印鑑証明を取りに行く時には一人前になった気分でした。
結婚した今は性が変わってしまい、この母からもらった柘の印鑑を使う事は無くなってしまいました。でもわたしの大切な思い出の一つとして、今でも大事に取ってあります。

*このサイトは現在準備中です
夫婦円満のための印鑑選び
http://www.handdata.com/
高級オランダ水牛印鑑
http://www.fautquecabouge.com/
市役所ナビ | 履歴書や職務経歴書はとても重要です
http://asoblab.jp/